妊娠 制汗剤

妊娠している時に制汗剤やデオドラントを使っても大丈夫なの?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

妊娠中に制汗剤を使うとおなかの中の赤ちゃんに悪い影響があるのでは?と思っている方もいると思います。制汗剤やデオドラントが赤ちゃんに悪い影響があるなら、汗や臭いが気になっても、我慢するしかないですもんね。

 

体の外側(皮膚)に湿布や目薬、塗り薬を使っても体に吸収される薬の量はほんとにごくわずかです。同様に制汗剤を使っても胎児に影響はありません。もし直接肌に付ける制汗剤、デオドラントがダメだとしたら化粧品や整髪料やボディクリームなども気にしなくてはなりませんしね。

 

一番薬の影響を受けやすいのはおなかの中の赤ちゃんの体の器官が作られる妊娠初期の5週〜12週頃です。もし心配で仕方がないという方はその時期は避けるようにするといいでしょう。

 

妊娠中はデオドラントよりも体質改善に気を付けて!

むしろ妊娠中に気を付けたいのは体臭サプリ食事改善などです。大丈夫だとは思いますが、体臭サプリは体内で吸収される物なので赤ちゃんへの影響は外用薬よりも影響が大きくなると考えられます。もし使っているという人がいたら医師に相談してみてください。

 

そして体臭を気にするあまり、肉、乳製品を取らないようにと野菜中心の食生活になってしまうと赤ちゃんの体を作るタンパク質やカルシウムなどを十分に摂取することができません。体臭を気にするあまり、栄養不足で未熟な赤ちゃんを産んでしまったなんて考えたくもありません。

 

体質を改善するためにお肉や乳製品を控えるのではなく、便秘にならないように食物繊維を多めに取るように心がけつつデオドラントでケアしていくのが赤ちゃんもお母さんも健康に過ごすことができますよ。

 

妊娠中に使いたいデオドラントはこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加